ぶどう園:久留米市田主丸町石垣清長橋1379-3
 自宅住所: 田主丸町石垣109-11
 ぶどう園TEL: 090-9579-2717
 自宅TEL: 0943-73-2068 自宅FAX: 0943-73-2068

Email : tomo.n55@themis.ocn.ne.jp





孫たちも安心して食べられるぶどうを


受け継ぐ独自のぼかしで
大玉に育つ黒系のぶどうたち

中野睦男巨峰園は古墳と桜、そして夏のキャンプ地として知られる平原公園の登り口にあります。こだわりは、鶏糞や油かす、米ぬかなど8種類の原料をまぜた、代々受け継ぐ独自の「ぼかし」。このぼかしの力で、お日様をあびて、玉のびと味を決める葉も、青々として美しく、ぶどうの味わいをまろやかに、そして、やさしい甘さに育ててくれるのです。


美しい黒系へのこだわり
味わいの違いもまた楽し

中野睦男巨峰園のこだわりは、「黒」です。歴史ある「巨峰」はもちろんのこと、大玉でつくるのが難しいながら、ジューシーでさわやかな甘みの「藤稔」。巨峰より少し色づきが早いこともあり、予約がひきもきらない品種です。すべて黒系なのは、戦前、品種改良で誕生した時に「天才品種」といわれた巨峰の血をひくぶどうたちの、それぞれの甘さ、食感の違いを楽しんで欲しいという思いから。「一房一房愛情をこめています」と笑顔いっぱいの中野さん親子です




中野さん親子のぶどうへの愛情は深く




色も美しい黒系


昔からのつくりで
元気に育ったぶどうたちです

果肉のボリューム、上品な甘さ、黒の三拍子そろった「ブラックビート」、巨峰と巨鯨をかかけあわせたはちみつぶどうともいわれる「ブラックオリンピアン」。食べ比べると、その美味しさ奥深さもひときわ。お客様から「甘く、格別に美味しい」とうれしい言葉をいただくとか。広々とした園で、ぼかしで育った元気なぶどうの木に実る大粒のぶどうを、今年もお楽しみください。





○開園時期
露地   8月10日~9月30日

○開園時間   8時~18時半

○定休日    なし

○駐車場    10台

○同時受入可能人数 50人

○案内所からの送迎 不可





○食事   弁当持ち込み可

○販売品  巨峰ラムネ
      巨峰ソルベ

○巨峰の料金
露地栽培ぶどう
1,300円/キロ(8月10日〜15日)
1,100円/キロ(8月16日〜終了)

○ぶどうの種類
ぶどうの種類についての説明は
こちら





巨峰 8月10日~9月30日
藤稔 8月20日~8月末
ブラックビート 8月20日~8月末
ブラックオリンピアン 8月中旬〜8月末