entitle27.gif


toiawase.gif


 自宅住所:久留米市田主丸町石垣778-1
 自宅 TEL: 0943-73-2133 自宅 FAX: 0943-73-2133
 園TEL: 0943-73-2251 園 FAX: 0943-73-2251
 園は自宅の近くにあります。
 分からない場合は、ご連絡ください。

gazo27_00main.jpg

reportnew.jpg

ぶどうの王様巨峰
その「本物の味わい」

「秋本番」の巨峰が、今、旬まっただ中の西野巨峰園。開園45年以上の歴史の中で、さまざまな品種の栽培にも取り組んできました。「紅バラード」など、出会えば幸運という品種は、すぐなくなってしまう限定栽培です。
「不思議と巨峰の血が流れる品種が人気です。巨峰は石原早生とオーストラリアのセンテニアルを親に持ち、日本の風土にぴったりなんでしょう」と話す西野さん。他品種にも挑戦してみてわかる、名実ともにぶどうの王様といわれる巨峰の「本物の味わい」を長年守り続けてきました。その原点である西野巨峰園の巨峰を、ぜひ味わってみてください。




gazo27_06.jpg
紅バラードは貴重な限定栽培です。



gazo27_01.jpg
透き通って冷たい耳納連山の地下水


静けさの中に涼しい水音

石垣の西野巨峰園は、町道から少し奥まったところにあります。お客様が「とても静かですね。」と気に入って下さるという園には、涼しげな水音。耳納連山の美しい地下水が園内の真ん中を流れ、ぶどう棚の下には、西野さん夫妻が植えた花々が咲き、ブルーベリーがたわわに実をつけています。


子どもたちの夏の思い出に

奥まったところにある「地の利」をこえて、毎年来て下さる常連さんもさることながら、噂を聞いて迷いながらも来て下さるお客様もいらっしゃいます。ぶどう棚の葉陰で水遊びができるとあって、家族連れにも大人気。冷たい地下水に裸足ではいって唇が紫色になるまで夢中で遊んだことは、子どもたちにとって夏の忘れられない思い出になるようです。



gazo27_02.jpg
ふたりで花を植えています



gazo27_04.jpg
昔ながらの味の巨峰です


「懐かしい
 ぶどうの味がする。」

先代からのつくり方を今もしっかりと受け継いでいることもあり、昔初めて巨峰を食べた時の感動のような「懐かしいぶどうの味がする。」といわれるとか。他の品種を育てたこともありましたが、お客様から「やっぱり、ここん巨峰ん味が、忘れられん。」と言われるそうです。代がかわっても来て下さるお客様も多く、「そのよろこぶ顔がなによりです。」と語る西野さん夫妻です。


tomapbutton.pngtomapbutton.png

PData.gif
budocolor_b.gifbudocolor_w.gifbudocolor_r.gifbudoicon_roji.gifbudoicon_tunnel.gif

○開園時期
トンネル 8月中旬~9月中旬
露地   8月中旬~9月下旬

○開園時間   9時~18時

○定休日    なし

○駐車場    10台

○同時受入可能人数 25人

○案内所からの送迎 可

白線.png

pmeal.gifpgift.gifppet.gif

○食事   弁当持ち込み可

○販売品  巨峰ラムネ
      巨峰ソルベ

白線.png

○巨峰の料金
露地栽培ぶどう
1,300円/キロ(8月10日〜15日)
1,100円/キロ(8月16日〜終了)

○ぶどうの種類
ぶどうの種類についての説明は
こちら

budocolor_b.gif

巨峰 8月中旬~9月下旬
ピオーネ 9月上旬~9月中旬

budocolor_w.gif

多摩ゆたか ~9月上旬

budocolor_r.gif

安芸クィーン ~9月上旬