entitle36.gif


toiawase.gif

 久留米市田主丸町田主丸1158-1
 園TEL : 0943-72-4031 園FAX : 0943-73-3425


gazo36_00main.jpg



gazo36_03.jpg
駅に一番近く、交通も便利な上野盛果園。
無農薬も少し扱っています(事前連絡が必要)


園の歴史は
田主丸の巨峰の歴史

田主丸にある上野盛果園は昭和36年開園の、46年の歴史ある園です。ひまわり咲く園は、美しく、のびのびとぶどうが枝を伸ばしています。初代の上野重春さんは巨峰開植の舞台となった「九州理農研究所」のメンバーで、昭和32年、田主丸の地の初めて巨峰の苗を植えた5人のうちのひとりでした。



減農薬への取り組みと
木との対話

長年の経験に新しさを取り入れた栽培で、現在は、水にこだわり「電解水」をつかって減農薬に取り組んでいます。7月下旬、ハウス栽培ぶどうの収穫が始まると、産地直送便の問い合わせが相次ぎます。「ぶどうの木にも人間のように性格があり、天候にも左右され、なかなかいうことを聞いてくれません。けれど、そこにおもしろさがある」と二代目の上野徹也さんは語って下さいました。



IMG_0039.JPG
3種類の色鮮やかなぶどう。



_DSC0061.jpg
1房1㎏を超すシャインマスカット


本当の巨峰の味を
受け継ぎ、磨く

「太陽の恵みに栽培技術と少しの努力を加えて、ぶどう本来の味になるよう、減農薬でがんばっています。」と控えめに語る徹也さん。巨峰が田主丸で初めて稔りをつけ、その大きさと甘さで人々を魅了してから半世紀あまり。 以来、巨峰の産地は大きく広がりましたが、開植の地・田主丸が誇る本当の巨峰の味を受け継ぎ、磨き続けている園です。


tomapbutton.pngtomapbutton.png

PData.gif
budocolor_sb.gifbudocolor_w.gifbudocolor_r.gifbudoicon_roji.gifbudoicon_tunnel.gifbudoicon_house.gif

○開園時期 7月下旬~9月末

○開園時間   8時~日没

○定休日    なし

○駐車場    5~6台

○同時受入可能人数 20人

○案内所からの送迎 可

白線.png

pmeal.gifpgift.gifppet.gif

○食事   弁当持ち込み可

○販売品  巨峰ラムネ

白線.png

○巨峰の料金
露地栽培ぶどう
1,300円/キロ(8月10日〜15日)
1,100円/キロ(8月16日〜終了)

○ぶどうの種類
ぶどうの種類についての説明は
こちら

budocolor_b.gif

巨峰 7月下旬〜

budocolor_w.gif

シャインマスカット(種なし) 
8月上旬〜
ハニービーナス 8月上旬~
瀬戸ジャイアンツ(種なし)
8月下旬〜

budocolor_r.gif

安芸クィーン 7月下旬~


その他の品種もあります