entitle64.gif


toiawase.gif

 久留米市田主丸町益生田688-2
 園TEL: 0943-73-1068 園FAX: 0943-73-1068
 自宅TEL: 0943-73-2170

Email : sxcnn273@ybb.ne.jp

gazo64_00main.jpg

reportnew.jpg

赤、白、黒の3色そろう
心和む緑の園

猛暑の中、涼を求めて家族連れで大賑わいの緑峰園。「甘さを誇る」の看板通り、長雨にも負けず、色づき、甘さともに充分です。赤、白、黒と3色そろうぶどうもさることながら、緑美しい園の雰囲気は、いつもながら格別。山水の流れの中ではしゃぐ子どもたちに、畑の中の畳敷きの心地よい空間で、お弁当を広げ、のんびりとくつろぐ人々。心和む風景がそこに広がっています。お弁当をもって、お出かけになりませんか。




gazo64_06.jpg



gazo64_01.jpg
座敷もある人気の休憩所


涼しい風吹き抜ける園

益永にある林緑峰園は、谷川流れ、涼しい風が吹き抜ける園です。2400坪の広々とした園の一角にはある休憩所には木のぬくもりのあるログテーブルに、畳のスペースもあり、ぶどう棚の葉陰でほっとくつろげる空間です。



子どもたちが大好きな噴水

昭和28年から観光ぶどう園一筋の緑峰園には楽しませてくれるアイディアがいっぱい。冷たい山水が流れる谷川には、園主の林慧さん手づくりの竹筒から吹き出る噴水が美しい弧を描いています。たくさんの水鉄砲も用意されていて、子どもたちに大人気です



gazo64_02.jpg
手作りの噴水は子どもたちに大人気



gazo64_03.jpg
おじいちゃんの巨峰大好き


観光ぶどう園一筋30年

自慢の巨峰は、房ぶりも大きく、甘いと評判です。常連さんも多く、「毎年、夏が来ると、この谷川が流れる涼しい園でのぶどう狩りが楽しみで。」というお客様。そこには、三世代家族のあたたかなおもてなしがあります。「緑の中で思い切り遊んで、楽しんでもらえれば。」と語る慧さん。観光ぶど園一筋30年の思いがあふれた、夏の暑さを忘れさせてくれる名園です。


tomapbutton.pngtomapbutton.png

PData.gif
budocolor_sb.gifbudocolor_w.gifbudocolor_r.gifbudoicon_rojionly.gif

○開園時期
露地 8月10日~9月下旬

○開園時間   8時~18時

○定休日    なし

○駐車場    50台

○同時受入可能人数 100人

○案内所からの送迎 可

白線.png

pmeal.gifpbus.gifpgift.gifppet.gif

○食事   弁当持ち込み可

○販売品  巨峰ラムネ、巨峰ソルベ

白線.png

○巨峰の料金
露地栽培ぶどう
1,300円/キロ(8月10日〜15日)
1,100円/キロ(8月16日〜終了)

○ぶどうの種類
ぶどうの種類についての説明は
こちら

budocolor_b.gif

巨峰 8月10日~9月下旬

budocolor_w.gif

翠峰 8月10日~9月下旬
白峰 8月10日~9月下旬
黄玉 8月10日~9月下旬

budocolor_r.gif

安芸クィーン 8月10日~9月下旬
紅富士 8月10日~9月下旬