久留米市田主丸町益生田2260-1
 自宅住所: 田主丸町益生田1998-1
 園TEL: (玉山)0943-72-2358
 自宅TEL: 0943-73-1214 自宅FAX: 0943-73-1302
 携帯電話:090-7472-9921



9月上旬頃には3色そろいます。
今年は早めの
ご来園がおすすめです!

 
三連水車に子どもたちは今年も大はしゃぎの中野(忠)果樹園。赤系の安芸クイーン、白系の翠峰、シナノスマイル、そして、今、人気沸騰中の「シャインマスカット」、「ハニービーナス」。美しいエメラルド色で、皮ごと食べられ、その芳醇な甘さは忘れ得ぬ味わい。それぞれ食べ比べると、甘さ、香り、そして食感の違いを楽しめ、ぶどうの世界はこんなに奥深かったのかと感動です。8月末からは、赤、そして巨峰の黒系が3色そろう希少な園。人気のため、今年は早めのご来園がおすすめです。どうぞお楽しみに!







待望のシャインマスカット




三連水車です


ミニ三連水車のまわる園

益生田の山苞の道からのぼったところにある中野(忠)果樹園は、田主丸で一番の標高と眺望を誇る玉山2号園を併せ持つ園です。ハウスには耳納連山の湧水が流れ、大、中、小の水車がまわっています。これはもともと粉を引く水車小屋があったことから、園主の中野忠行さんが思いついたアイディアです。


ほっぺが落ちるくらい
甘い巨峰



風が吹き抜け体感温度が2度ほど違う涼しい園では、小川でサワガニとりに夢中の子どもたちの声が響きます。その水で育った自慢の巨峰は山あいならではの朝夕の冷えこみによる温度差で色づきもよく、「ほっぺが落ちるくらい甘い」と評判です。特に「巨峰が大人気」。「お客様に美味しいといってもらえることがなにより。」と話す中野さん親子。二代でつくるぶどうは「1年かけて心をこめて育てた自信作。」です。




小川で遊ぶ子ども達




手塩にかけた巨峰です


絶景広がる「玉山2号園」

もうひとつの園である玉山2号園は、観光巨峰狩り発祥の地の田主丸の歴史の中でも、夏の避暑地として最も賑わってきた場所。上から見るぶどう棚の風景の珍しさもさることながら、さらにその向こうに広がる筑後平野の風景は、しばらくたたずんでしまうほどの美しさ。どちらも他にはない個性にあふれた、観光ぶどう狩りの名所です。





○開園時期
ハウス  7月中旬~7月下旬
トンネル 8月上旬~9月初旬
露地   8月中旬~9月中旬

○開園時間   9時~17時

○定休日    なし

○駐車場    10(※20)台

○同時受入可能人数 30人

○案内所からの送迎 可

※( )内 玉山データ





○食事   弁当持ち込み可

○販売品  巨峰ラムネ



○巨峰の料金
露地栽培ぶどう
1,300円/キロ(8月10日〜15日)
1,100円/キロ(8月16日〜終了)

○ぶどうの種類
ぶどうの種類についての説明は
こちら



巨峰 8月上旬~9月中旬
種なし巨峰 7月下旬~8月中旬



シャインマスカット 8月中旬~9月中旬



安芸クイーン 9月上旬~9月中旬
シナノスマイル 9月上旬~中旬