entitle69.gif


toiawase.gif

 久留米市田主丸町益生田2073-2
 TEL: 0943-73-2259 FAX: 0943-73-2259

gazo69_00main.jpg

reportnew.jpg

愛犬クック&ポポに見守られ
甘さ抜群の巨峰が実りました

「大きな規模の園とはいえませんが、いらっしゃったお客さまは精一杯お迎えします」という上野(春)巨峰柿園は、今年も甘みたっぷりの巨峰が実りました。人間でいえばおばあちゃんという犬のクックと若さピチピチのポポも元気いっぱい。珍しい赤系の「天秀」も色づきがよく、柿狩りの楽しみも待っています。





gazo69_05.jpg
甘さ抜群の巨峰が待っています。



gazo69_01.jpg
安心なぶどうを


田主丸の自然を
満喫できる園

家族連れのお客さんで賑わう上野(春)巨峰柿園は、山苞の道に面し、見晴らしの良い耳納連山麓にあります。山からの爽やかな風が吹き抜け、近くには山水が流れる場所があり、ザーッと響く涼しげな音。田主丸のぶどう狩りを満喫できる園です。



白系のビッテロビアンコが登場!

3年前から登場したビッテロビアンコ。黄緑色に楕円の形、一粒一粒にボリュームがあるのが特徴です。上野(春)巨峰園では、2009年に栽培を開始しました。大きく育てるためには「やっぱり、手入れですよ。」と語る園主の上野さん。ビッテロビアンコの木、1本を3日かけて丁寧にセットしていくそうです。甘く、酸味もほど良く口に広がるビッテロビアンコ。旬の時期が短いため期間限定の収穫です。お見逃しなく!



gazo69_04.jpg
美しい色付きの巨峰



gazo69_03.jpg
二人の看板娘です


秋には柿狩りも

ぶどうの成長や色づきと深いかかわりのあるぶどうの葉も、肉厚で元気なぶどう畑。「青々とした耳納連山北麓の自然の中で、安心して口にしていただけるぶどうをこれからもつくっていきたい。」と語る園主の上野精男さんは、ふたりの看板娘に囲まれて、照れ笑い。園名のとおり、秋には柿狩りも楽しめます。


tomapbutton.pngtomapbutton.png

PData.gif
budocolor_sb.gifbudocolor_w.gifbudocolor_r.gifbudoicon_roji.gifbudoicon_tunnel.gif

○開園時期
トンネル 8月10日~9月末
露地   8月20日~9月末

○開園時間   8時~18時

○定休日    なし

○駐車場    10台

○同時受入可能人数 30人

○案内所からの送迎 可

白線.png

pmeal.gifpbus.gifpgift.gifppet.gif

○食事   弁当持ち込み可

○販売品  巨峰ラムネ

白線.png

○巨峰の料金
露地栽培ぶどう
1,300円/キロ(8月10日〜15日)
1,100円/キロ(8月16日〜終了)

○ぶどうの種類
ぶどうの種類についての説明は
こちら

budocolor_b.gif

巨峰 7月10日~9月20日

budocolor_w.gif

ビッテロビアンコ 8月中旬~8月末

budocolor_r.gif

安芸クィーン 8月中旬~8月末