久留米市田主丸町益生田1385
 宮原果樹園(自宅) TEL&FAX: 0943-73-1358
 



3色をあわせる
高い技術に希少品種
芸術的なぶどうが旬まっただ中!

 
黒系、白系、赤系の3色セットができる、田主丸でも数少ない園のひとつ、宮原果樹園。3色を同時期にあわせる高い栽培技術と品種の豊かさで知られています。園では、その香りや味わい、食感を、試食しながら選ぶことができます。さらに珍しい品種に出会えるのがうれしいところ。今年の長雨にも負けず、巨峰狩りは旬まっただ中。味ののりも色づきも最高です。元気いっぱいの子どもたちも、もった房に「重たいよ~!」。ぜひ、その芸術的ぶどうを見て味わってみて下さい。



巨峰





シャインマスカット 


安芸クイーン


いろとりどりのぶどうのリレー
巨峰、シャインマスカット、
安芸クィーンなどの
美しいオリジナルの詰め合わせも


宮原果樹園では、「巨峰」はハウス、トンネル、露地と7月から9月下旬まで楽しめます。
特に、7月中旬から9月中旬は、いろとりどりのぶどうを楽しめる季節。8月上旬から中旬は香りがよく真っ赤な「陽峰」、そして、8月中旬から9月上旬までは、白系で話題の「シャインマスカット」。マスカットの香りと高い糖度、そして何よりも皮ごと食べられるとあって、ひきもきらない人気です。美しい鮮やかな紅色で甘み豊かな赤系の「安芸クィーン」もあわせ、黒、白、赤系が揃う、この時期は、オリジナルの3色の詰め合わせができます。
 






家族みんなで


親子二代、看板娘は三代



有機肥料で育てたぶどうはいずれの種類も「美しく、美味しい。」と大評判。4つの園が集まった玉山には切磋琢磨された高い技術があります。「自然が相手のぶどうづくりは毎年が挑戦です。みなさんに喜んでもらうぶどうをつくりたい。日々そういう思いです。」とは二代目の哲郎さん。毎年、ぶどう狩りに来て下さるそのお客様の声を大切にした、親子二代でのぶどうづくり。看板娘は三世代。真夏の一日、おじいちゃんとお父さんのつくる巨峰が「大好き!」なかわいい三姉妹が、ぶどう狩りには欠かせない冷たい巨峰ラムネを開けるお手伝いをしてくれます。



○開園時期
ハウス  7月中旬~7月下旬
トンネル 8月上旬~8月中旬
露地   8月中旬~9月下旬

○開園時間   9時~17時

○定休日    なし

○駐車場    10台

○同時受入可能人数 30人

○案内所からの送迎 不可





○食事   弁当持ち込み可

○販売品  巨峰ラムネ
      巨峰ソルベ



○巨峰の料金
露地栽培ぶどう
1,400円/キロ(8月10日〜15日)
1,200円/キロ(8月16日〜終了)

○ぶどうの種類
ぶどうの種類についての説明は
こちら



巨峰 7月上旬~9月下旬



シャインマスカット 8月下旬~9月上旬
ハニービーナス 8月中旬~8月下旬



安芸クィーン 9月上旬~9月上旬