entitle74.gif


toiawase.gif

(販売所)久留米市田主丸町石垣1245
 TEL: 0943-73-0401 FAX:0943-73-0401
(自宅)久留米市田主丸町石垣966-1
 TEL: 0943-73-0401 FAX:0943-73-0401

DSC_0089.jpg



DSC_0045.jpg
造園も岩佐さんの手によるもの


目印は
一枚板の手づくり看板

山苞の道沿いの、筑後平野一望の場所にある岩佐園芸。来られたお客様から「眺めのいいところですね」とまず声があがります。手作りの一枚板の看板と、緑にあふれた気持ちのいいハウスが目印。政文さんとヤス子さんの心温まる笑顔に迎えられます。


ゼロからの出発にもかかわらず

出荷と産直便を主としていた岩佐園芸ですが、「お客様と接して、話すのが楽しみで」と平成20年から始めた観光ぶどう狩り。「ゼロからの出発ですよ」という政文さんですが、長い出荷と産直便によって築き上げた信頼で、ハウスにはひっきりなしにお客様が訪れます。休日には、三世代がそろい、賑やか。


DSC_0124.jpg
ちぎるのも楽しい、あま〜いぶどう



DSC_0096.jpg
有機肥料と葉面散布で育てたぶどう
DSC_0258.jpg
黒系、白系、赤系に加えてイチジクもあります
DSC_0281.jpg
サワガニの生息ポイントで、子ども達も大喜び
DSC_0055.jpg
園から見える筑後平野は絶景


ミネラルとアミノ酸豊かな
他にない深い味わい

政文さんのこだわりは、骨粉、有機油かす、魚粉などのミネラル豊かな有機肥料による土づくり。よく手入れされた畑に立つと、土はふわふわとしています。海藻エキスの葉面散布も行うため、アミノ酸によって糖度が上がり、他にはない巨峰のコクと甘さが生まれます。「新しいお客様に、また来るね」と言われることが何よりうれしい」という岩佐さんご夫妻。その巨峰の味わいは、早くも噂となり、観光巨峰狩りの名園としての歴史を刻み始めています。


tomapbutton.pngtomapbutton.png

PData.gif
budocolor_sb.gifbudocolor_w.gifbudocolor_r.gifbudoicon_roji.gifbudoicon_tunnel.gif

○開園時期
トンネル 7月25日~8月下旬
露地    8月10日~9月下旬

○開園時間   9時~17時

○定休日    なし

○駐車場    15台

○同時受入可能人数 100人

○案内所からの送迎 可

白線.png

pmeal.gifplunch.gifpbus.gifpgift.gifppet.gif

○食事   弁当持ち込み可

○販売品  巨峰ラムネ
      巨峰ソルベ
      朝採り野菜

白線.png

○巨峰の料金
露地栽培ぶどう
1,300円/キロ(8月10日〜15日)
1,100円/キロ(8月16日〜終了)

○ぶどうの種類
ぶどうの種類についての説明は
こちら

budocolor_b.gif

種無し巨峰 7月25日〜8月下旬
巨峰 8月10日~9月下旬
ピオーネ 8月20日〜9月中旬

budocolor_w.gif

シャインマスカット 
8月20日〜9月中旬
瀬戸ジャイアント
8月20日〜9月中旬
翠峰 8月20日〜9月中旬

budocolor_r.gif

安芸クイーン 8月20日〜9月中旬
ゴルビ 8月20日〜9月中旬



イチジク 8月中旬〜9月下旬